不動産の買い替えによる査定は同時進行がおすすめ?

宮城県内の不動産物件の売買であれば、売り買いを1社に依頼した方がスムーズです。

理由を含めて、お話ししておきましょう。

▽同じ宮城県内なら不動産査定も1社に。

売買が同じ宮城県内の場合、1つの会社あるいは1つの不動産屋に無理なく依頼できます。

売買が県外に及んでいる場合は、同じ会社に依頼するのがむずかしいこともあります。

▽タイミング良く売買するためには1社にお任せ。

売買は、つなぎ融資や家財の仮置き倉庫などの必要が生じないよう、スムーズにコトが運ぶようなタイミングが大事です。

その意味で、売買は1つの会社や不動産屋に絞ったほうが良いでしょう。

不動産査定は、受託した会社がタイミングをはかって手配してくれます。

▽お店を開店させる場合は、開店時期にあわせて設計・施工、什器の搬入、人員募集など、手配が多岐にわたります。

注意しましょう。

店をオープンさせるための不動産の売買は、居住用の不動産の買い換えと意味が違ってきます。

お店の開店が前提の場合は、やらなければならない手配が多岐にわたるので、売買のための不動産査定は早めに依頼しましょう。

宮城はこの3年間で地価が上昇していますので、不動産査定によっては有利になります。

□少し話はそれますが、こんな記事を見つけました。⇒【いつかお店をやりたいすべての人へ】「趣味を仕事にすること」の辛さと難しさと。curry草枕・馬屋原さんの場合 – メシ通 | ホットペッパーグルメ