不動産査定ではじき出される金額は絶対的なもの?

不動産物件の査定額というのは絶対的なものなのでしょうか。

不動産査定という制度がある意味といっしょに考えてみましょう。

▽現場での不動産査定なら確定的。

たとえば宮城の当該物件の現地に査定人員がきて査定したのであれば、“ほぼ絶対的なもの”です。

ネットにある一括査定は、同じ不動産査定でも目安にしかなりません。

現地に来てもらって実際にみてもらったものが正確な数字です。

仮に他社に依頼したとしても大きな違いはないでしょう。

▽言い値で不動産を売買できるか?

もしも不動産査定なしに売買をしようと思ったら、何を基準に売却価格を決めますか?

購入物件の善し悪しはどうやって見分けますか?

2,000万円の価値がある物件なのに、「800万円で売ってくれ」と言われて快諾する人がどこにいるでしょうか。

不動産査定は、売買物件の品質や価値を一定基準に基づいてジャッジするものです。

▽たとえば宮城であってもどこであっても、安心して物件の売買ができるのは、不動産査定があるおかげなのです。

もしも不動産査定という制度がなかったら、不動産はお互いの言い値でやり取りすることになってしまいます。

物件の品質や価値を客観的に判断することもできません。

そうなると不動産屋も、不動産流通会社という存在も機能しなくなってしまいます。